« アラブ現代作家展お見逃しなく! | Main | カーシム講演@東京、ありがとうございました! »

April 01, 2007

『イラクの空には何が見える?』@東京のおしらせ

アラブ現代作家展、おかげ様で昨日無事終了しました。ご来場くださったみなさま、どうもありがとうございます。

さて、イラク青年カーシムの全国講演行脚も、明日の東京でとりあえずのファイナルを迎えます。ぜひおいでください!

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■■■■■
■■■□□□             □□□■■■
■                       ■
  緊 急 開 催!! イ ラ ク 開 戦 か ら 4 年
   戦 闘 地 域 ラ マ デ ィ か ら の 報 告

  『 イ ラ ク の 空 に は 何 が 見 え る ? 』
        ~ あるイラク青年の体験 ~
■                       ■
■■■□□□             □□□■■■
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

4月2日(月)18:30~(開場18:00)
      場所:文京区民センター 2階2A(文京区本郷4-15-14/
         三田線・大江戸線春日駅A2出口の真上)
      参加費:500円
      共催:NPO法人PEACE ON/イラクホープネットワーク
         /ファルージャ再建プロジェクト
      連絡先:03-3823-5508(PEACE ON)

※ご予約は不要です。直接開場へお越し下さいませ。
 取材等については事前にご一報をお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆総合問合せ先◆ 
[イラクホープネットワーク] メール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  「テロとの戦い」の最大拠点と名指しされた
  イラク西部アンバール州ラマディ
  先月22日 ラマディ上空に米軍の戦闘機が飛来
  4軒の民家に爆撃 死者26名 負傷者多数

  家屋は潰され 学校は占拠された
  食料配給なし 医療配給なし

  空が恐怖に染まって4年
  増えていくのは民間人死者数とその遺族
  そして 報復を誓う抵抗勢力

  なぜ ラマディは「テロとの戦い」の
  最大拠点となったのか?
  なぜ 彼は米軍に拘束されたのか?

  世界中のメディアが近づけない戦闘地域ラマディから
  1人の青年が自分の体験を語るために来日した

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎プロフィール◎

カーシム・トゥルキ(30歳)

1976年11月27日生まれ。エイドワーカー。
イラクアンバール州ラマディ在住。アンバール大学機械
工学部卒業。イラク戦争中は共和国防衛隊に所属。
イラク戦争直後4月28日にファルージャで起きた米兵に
よるデモ参加者乱射事件をバグダッドのメディアに報せに
来たことをきっかけに、フリーのガイド兼通訳として米
テレビCNN や日本人ジャーナリストに同行。
同年6月、日本人と同行取材中に米軍に不当逮捕され
9日間拘束。釈放後「イラク青年再建グループ」を主宰。
これまでに学校などの修繕工事、診療所開設、避難民への
緊急支援などを行っている。
2004年からは日本の民間支援「ファルージャ再建プロ
ジェクト」と協同し現場の指揮を執っている。
昨年はラマディの様子を英語で記したブログがアメリカを
中心に話題となるが、それを理由に再度米軍に拘束された。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○●○カーシムさんのブログ○●○
    『イラク・メール ~ラマディからの声~』
      日本語< http://iraqmailj.exblog.jp/
      英語< http://iraqmail.blogspot.com/

|

« アラブ現代作家展お見逃しなく! | Main | カーシム講演@東京、ありがとうございました! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/14488650

Listed below are links to weblogs that reference 『イラクの空には何が見える?』@東京のおしらせ:

« アラブ現代作家展お見逃しなく! | Main | カーシム講演@東京、ありがとうございました! »