« 掻き消される声&11月12日イベントのお知らせ | Main | 留守&12月9日学習会のおしらせ »

November 25, 2006

バグダード外出禁止令

アダミヤの友人からの連絡が途絶えたままだ。200人以上が死亡するという大惨事となった23日サドルシティーで起きた連続自動車爆弾テロからバグダード市内では外出禁止令が出ているから、ネットカフェにすら行けないのだろう。たった今サラマッドから届いたメールによると、バグダードにいる弟からの情報では、あの事件の20分後にはスンナ派居住地区アダミヤに大量のミサイルが打ち込まれ、アブ・ハニーファモスクも大きなダメージを受け、今日はアダミヤだけでなく隣のシーア派居住地域カズミヤでも銃撃戦になったという。彼の家族がいるドーラ地区含め、市内ほとんどの地域で住民が武装してシーア派民兵マハディ軍の襲撃に備えているという。今回の事件は宗派間抗争が激化するきっかけとなった今年2月のサマッラのアスカリ聖廟爆破事件同様か、それ以上の混乱をもたらすだろうとのことだ。

ちなみに事件のちょっと前には、先達てのサッダームの死刑判決について、また、ラムズフェルド更迭についてなどのバグダード市民の意見なども送られてきていた。この新たな悪夢の到来を前にして、どのタイミングで紹介するべきか迷っていたが、どうにも今落ち着かず他のことが手につかないので今ここで簡単にまとめて書き連ねてみると、「ラムズフェルドの更迭は遅すぎ。アブグレイブのときにすべきだった。しかし誰に代わろうが米軍がイラクから出て行かない限り状況はよくならない。そしてイラク政府も全て変わるべきだ・・・」等々。そして、「サッダームには公正な裁判を望む。アメリカの茶番裁判による死刑は認めない。(シーア派の一人だけ死刑は当然という意見)彼が死刑ならブッシュもラムズフェルドもそして現イラク政府閣僚全員そうなるべき。むしろサッダームを解放して大統領に戻してあげたい・・・」等々。ただし米国中間選挙にはほとんど関心を示していなかったそうだ。アメリカのゲームに引っ掻き回され続けた挙句、疲れ果ててもはやイラクの未来に完全に希望を失っているのだという。その反面、過去への郷愁からかサッダーム裁判には非常に大きな関心を示していたという。

しかし、今はそれすら考えているどころではないだろう。いつ解かれるかすらわからない外出禁止令の中、上空を飛び交うミサイルの音を聞きながら、多くの家族が見えない未来に怯えている。

|

« 掻き消される声&11月12日イベントのお知らせ | Main | 留守&12月9日学習会のおしらせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/12812596

Listed below are links to weblogs that reference バグダード外出禁止令:

« 掻き消される声&11月12日イベントのお知らせ | Main | 留守&12月9日学習会のおしらせ »