« レバノンへ今最も必要な人道支援とは | Main | シャハラザードに忘れられた故郷 »

August 16, 2006

アラブの魅力と壊されゆくイラク

直前のお知らせで恐縮ですが、明日16日夜7時からPEACE ON事務局高瀬がワークショップでお話しますのでよかったら遊びにきてやってください。
タイカレー500円、水餃子350円、サラダ300円、冷麺500円など揃っているそうです。

-----------------------------------------------------------------------------
●日時:8/16(水)19:00-23:00

●場所:交流イベントスペースあかね(東京メトロ東西線早稲田駅3分)

●講師:高瀬香緒里

・自己紹介
1978年、京都生まれ。同志社大学文学部哲学及び倫理学専攻卒業。長野県での隠居生活中にイラク戦争開始。現在は、NPO法人PEACE ONにて、イラク支援・文化交流活動に取り組む。同法人理事。27歳。

イラクという国の魅力にとりつかれて早3年半、日に日に情勢の悪化するこの国を、ただ見ているだけというのは辛いものがありますが、それでも愉快なイラーキーと接するのはほんとうにオモシロイ。支援と交流をとおして、これからもお付き合いしていきたいです。そして日本にも、イラクが好きと関心をもってくれるひとが増えればいいなと思っています。
最近では、「共謀罪」反対にも力を入れています。

・ワークショップ名
「アラブの魅力と壊されゆくイラク」

・ワークショップ要旨
イラク隣国ヨルダンを訪れ、そこで知った底抜けに明るいアラブの毎日と、突きつけられたイラクの現実とのギャップ。本ワークショップでは、ヨルダン報告を中心に、いかに魅力的な国イラクが破壊されているか、写真と映像を使って、その事実を見ていただきます。

-----------------------------------------------------------------

また、このブログではお知らせ遅れていましたが、「アメリカにイラクにおける暴力を止めることを求める緊急嘆願書への署名」は、おかげ様で目標の5千を超える5495筆の署名をいただき、8月9日アメリカ大使館に届けることが出来ました。詳しくはイホネットのHPならびに高遠菜穂子さんのブログ高瀬香緒里のブログをごらんください。皆様のご協力本当にありがとうございました。

|

« レバノンへ今最も必要な人道支援とは | Main | シャハラザードに忘れられた故郷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/11456089

Listed below are links to weblogs that reference アラブの魅力と壊されゆくイラク:

« レバノンへ今最も必要な人道支援とは | Main | シャハラザードに忘れられた故郷 »