« 故郷イラクへの旅路 | Main | イスラエルのレバノン侵略を問う8.9緊急集会 »

August 06, 2006

故郷イラクへの旅路2 ~バグダード恐怖の日々~

避難先のイラク北部モースルで無事家族との再会を果たしたイラク人現地スタッフのサラマッド。喜びもつかのま、バグダードでの恐怖の日々を聞いて言葉を失う。心配するといけないからと、彼がフランス滞在中は言えなかったことが多かったそうだ。

あれほど頑なに家を護ると言い張っていた父親が、ついに避難を決めた理由は、二度ほど直接銃撃にあい殺されかけたからだそうだ。一度は隣にいた親友が撃ち殺されたという。

ちなみに今バグダードではそれぞれの地区をそれぞれ違った武装したグループが支配していて、よそ者というだけで殺されてしまうので、地区から地区へと渡り歩くことがなかなかできない。

ドーラでもサドルシティでもアダミヤでもどこでも、通り、そして電柱など、いたるところに血糊がこびりついているという。電柱に括りつけて殺すからだそうだ。

そして通りのいたるところに死体が転がっていて、その脇を通って食べたり飲んだりすることがもはや普通のことになってしまっているとも。

ドーラそしてハイ・アル・ジハードでは、子ども達が死体をゴールにしてサッカーをしている・・・。

また、イランから大量の古い食物、毒入りのお菓子、そして鉄くず入りの粗悪品の小麦粉など入ってきて、食べる前に磁石でチェックしないといけない、また、他にイランから爆発物の混入された携帯電話の充電器やガスのボトルなども入ってきていて、危険なので使用しないようにと内務大臣すら警告したそうだ。(以上真偽の程は定かではないが、こうした噂が立っているということだけでイランに対する印象の悪さが伝わってくる)

非常に多くの連中が、お金目的で子どもや女性を含めて誘拐している。

今ドーラを支配しているアルカイダ系とも言われるオマル軍は、シーア派民兵のバドル旅団やマハディー軍を殺すためにサウジアラビアやエジプト、他スンナ派の国から資金援助を受けているという。それはシーア派とイランが増長し勢力を拡大していくのを恐れているからだとも。ひとり殺害すると700ドルもらえるらしく、何人かメンバーの名前を教えてもらったところ、信じられないことに、サラマッドの友人も何人か含まれていたという。そして住民の多くは身を護るために彼らに食事や多額の寄付を与えているそうだ。

いまや多くの若者は各グループのスパイ、大人は殺人を仕事にしていて、ドーラにいる隣人のほとんどはスパイか殺し屋に変わり果てていて、他の地域でもほぼ同じだろうという。

「あの友達がどうしてスパイや殺し屋になれるんだろう、あんなにいい奴だったのに、どうしても信じられない・・・」

この猛暑(50度以上)の中、電気は6時間に1.5時間通電のみ。ガソリン価格は17リットルで20000イラクディナール(1リットル100円近く)と高騰している。

上記は闇価格だが、ガソリンスタンドで給油すれば警察がやってきてスンナ派だとわかると殺されてしまうので、誰も怖くてスタンドには行けない。病院ですら同様だという。

また、以前弟の友人Kが玄関先で何者かに撃たれ瀕死の重傷を負った際の話だが、(1月23日の拙ブログ記事参照)あの時はKが弟のところに携帯電話を置き忘れていたらしく、妹がその携帯を取って玄関先でKに手渡した直後、妹の目の前で銃撃にあったという。それからというもの、当時の恐怖がトラウマになってか、毎晩起きて叫びながら歩き回っているようで、サラマッドが帰った夜もそうだったようだ。

そのKが病院に運ばれたときのエピソードもさらに詳しく聞いた。Kの兄弟ははじめ医師に両腕を切断しなければ助からないと言われたが、手術を待っている間、助手から「切断する必要はない。あの医師は手術する手間を省きたいだけだ」とこっそり耳打ちされ、どういうことだと医師に詰め寄った。さらに「今すぐ手術しなければ殺す」と脅したところ、医師はすぐさま取り掛かったそうだ。後に彼を別の私立病院に移したところ、やはり両腕を切断する必要はないとのこと。今、Kの腕はほんの少しは動くようになっている。

Kにまつわる話をもうひとつ。ある日医師に、「プラズマ注射がどうしても必要なのだが、ここにはない」といわれて、サラマッドの家族も皆手分けして病院を回り探したが見つからない。するとその医師の助手がやってきてどうしたんですかとたずねてきた。家族はプラズマ注射がないとKが助からないと言うと、「私に持ってきてほしいですか?ならば30000ID(約20ドル)支払ってください」と言うのでお金を渡すと、なんと、はじめ医師がここにはないと言った同じ病院の薬局から持ってきたという。

「YATCH、これでいかに人間の命が価値のないものに変わり果てるかわかるだろう。注射一本分の価値すらないんだ。そして、どれほどまでにイラクが終わってしまったか」

民兵による被害は深刻だが、以前のように外国人が人質になったりする危険は相対的に減少しているのではないか、そして今自分がイラクに入って活動できる可能性はどの程度かとの質問には、もし今イラクに来たら、金のために誘拐する連中の最高のプレゼントになってしまうとのこと。外国人が人質になるのが減っているのではなく、単にイラクに入る外国人が極端に減っているというだけで、決して誘拐の危険は減っていないと言う。入っていても数えるほどのジャーナリストくらいで、ほとんどはシェラトンやパレスチナホテルなどに篭って取材はイラク人にやらせている。先日、私の友人の日本人ジャーナリストも約一週間バグダードを取材して無事帰国したが、やはりとても以前と同じようには活動できず、また昔を知っているだけに、変わり果てたイラクが悲しかったと言っていた。私の気持ちもわかるが、今来てもほとんど外出はできないので、NGOとしてとても以前と同様の活動は出来ないと言う。

「こんなこと言うのはとても悲しいことだけど、もし僕らの活動が君の命を意味するのならば、胸が張り裂けるけどむしろ活動をやめたほうがいいとすら思っている。だって最も起きてほしくないことは、自分の実の兄弟のような君を失うことなんだよ」

そして、これからバグダードに向かうと結んであった。


ところで今日は8月6日、61回目のヒロシマ原爆忌である。一昨年はバグダードのギャラリーでウードの哀しい調べとともに、昨年は広島にて蝉時雨に打たれながら、「あの日」のことを考え祈っていた。今年は東京にいるが、イラク、レバノンで吹き荒れる暴力、この終わりなき人類の業の深淵を前にして、それでもやはり「あの日」のことを考えている。

|

« 故郷イラクへの旅路 | Main | イスラエルのレバノン侵略を問う8.9緊急集会 »

Comments

もし、この報告の通りなら、米軍が帰国予定の部隊を4ヶ月延長してまでも首都の治安維持任務にまわした訳がなんとなく判るような気がします。

もはや、この世の地獄。
 絶句です…。

Posted by: wattan. | August 06, 2006 at 11:32 PM

米軍主導の治安維持部隊とは日本のファシズム時代の治安維持部隊と全く同じで、占領下のイラクにおける恐怖政治と恐怖社会を維持強化するのが目的。爆破テロと誘拐殺戮はますます増えるだろう。米軍兵士の正義の内部告発と反戦運動の広がりに期待するしかないのだろうか・・・。毒入りお菓子や爆発物がイランからの贈り物とは思えない。イランとイラクを戦争させたアメリカの工作だろうな、としか・・・。
先日サドル師の反米反イスラエルのミリオンマーチをニュースで読んだ時、本当に驚いた。彼らが平和的デモを行っていることを知って、これまで私が受け取っているニュースは一体何なのだろうか、と思った。
アメリカがつくる地獄に、彼ら以上に、また傷つき苦しむイラク人の代わりに私達が立ち向かわなければ、と思う。
最近友達に会ったら、彼女が私達の活動を知らないのは、私達が周囲に広く知らせる努力をしていないから、要は怠慢だから国民大多数が殆どその活動を知らないのだと言われてしまった。こっちの方も絶句です。

Posted by: うだすみこ | August 07, 2006 at 01:27 PM

>これからバグダードに向かうと結んであった。

Oh....Yatch, You have to stop Sarmad!!

Posted by: Rei Shiva | August 07, 2006 at 02:15 PM

アルジャジーラによれば、米軍がサドルシティ近郊を空爆。金曜日に反米デモ行進を実施したサドル師とマフディ軍に対する報復と思われる。シーア派軍と米軍+イラク政府軍との間で戦闘も起こっている。米軍の暴力がまた全土で繰り返されるのだろうか。いやこれはもう日常茶飯事のこと。レバノンより惨い暴力が毎日毎晩イラク人を苦しめている。それがもう何年も。
サラマッドさんたちは、どこでどうしているのかしら。無事でありますように。

Posted by: うだすみこ | August 08, 2006 at 03:12 PM

wattanさん、

米軍は全ての混乱の元凶でもありますが、あまりに混乱がひどいということで治安維持に必要となり再投入され、その結果仮にある程度の治安を維持できたとしても、また新たな混乱の種をまいてしまうという究極の悪循環です。「今撤退したら内戦になってしまう」というのが米政府の弁でしたが、先日の報道によると、「仮に内戦になったら国外に米軍を退去させる」そうです。またペルシャ湾から「正義の空爆」をやり直すつもりなんでしょうか。

うだすみこさん、

>最近友達に会ったら、彼女が私達の活動を知らないのは、私達が周囲に広く知らせる努力をしていないから、要は怠慢だから国民大多数が殆どその活動を知らないのだと言われてしまった。こっちの方も絶句です。

知らせる努力はもっとしなくちゃいけないというのはもっともですが、私達が怠慢だとしたら、国民大多数がイラクやレバノンやその他世界のいたるところで起きていることを知らないということも、そこに住んでいる人が怠慢だからということになってしまうんでしょうね。いくら努力をしても、それを支えてくれる人がいなければどうしても限界があるという現実を知ろうともしない、もしくは知っても自分では何もしようとしないというのもひとつの怠慢かもしれません。いずれにしても、他人の立場に立つということは本当に難しいことですから、批判はありがたく受け止めて出来ることを続けていきましょう。

Dear Rei Shiva,

How's your trip?
Of cource I've tried to persuade him.
And I pray for him... and for you as well! be careful on your way.

Posted by: YATCH | August 08, 2006 at 11:16 PM

sale@mp3.com

Posted by: Eagles | September 21, 2007 at 01:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/11302031

Listed below are links to weblogs that reference 故郷イラクへの旅路2 ~バグダード恐怖の日々~:

» バグダード周辺への祈り [PEACE ON DAYS]
PEACE ON現地スタッフのサラマッドからのメール(内容は、代表YATCHのブログ記事「故郷イラクへの旅路」と「故郷イラクへの旅路2~バグダード恐怖の日々~」をお読みください)に、白昼のバスルームで口唇からよだれを垂らし、鼻から鼻水を、瞳からは大粒の涙を落として、ご近所の迷惑もかえりみず大きな大きな声でわたしは嗚咽が終わらなかった。 戦争はなにも、人間の命を奪うだけではないのだ。数千年もの文化遺産を奪い、住みなれた家屋を奪い、学校でのひと時を奪い、人びとのモラルを奪い、お隣さんやお友達の信じるこ... [Read More]

Tracked on August 11, 2006 at 12:35 AM

« 故郷イラクへの旅路 | Main | イスラエルのレバノン侵略を問う8.9緊急集会 »