« 四捨五入して不惑の母の日 | Main | 演劇「やわらかい服を着て」はじまる »

May 19, 2006

荒地/イラクに咲く花

バドル旅団に拘束され日本円に換算すると120万円ほどの釈放金を要求されていたバグダードの友人のおじさんが先日約3ヶ月ぶりに解放された。結局55万円ほど支払ったらしい。

拘束の理由はファトワ(宗教令)の乱用?篤信家でもないおじさんにそんな理由はありえないと友人は憤る。今やこうして連中治安部隊は金目当てでなんだって適当な言いがかりをつけては手当たり次第拘束してるんだそうだ。拘束中の尋問ではさんざん兄弟(友人の父含む)の職業や収入など根掘り葉掘りきいていたというから、次は父がとても心配だとも。

とにかくおじさんの家族はもうこれ以上バグダードには住めないとシリアへの移住を決めた。ちなみにおじさんの息子、つまり友人の従弟は以前PEACE ONスクールバスのドライバーを務めたこともある私の友人だ。

続いて、いわゆるシーア派地域サマーワに住むスンナ派の友人が、ついに国外に避難したという知らせ。詳しくは確認中だが、こうしてまた一人、一人とイラクの友がふるさとを追われていく。

友人は、「イラクが空っぽになっちゃうよ」と呟いた。本当に、このままだとそのうち外国軍と治安部隊しかいない荒地になってしまうのではないか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、ここで明後日21日日曜日のイベントのお知らせです。

どんなに人心が荒む世に変わり果てても、心には花を咲かせていたい。
そうです。イラクにもちゃんと花は咲いているのです。

イラクアートも数点展示しますのでぜひお越しください。入場無料です。

「イラクに咲く花」-見る、聞く、知る、イラクの今と私たち

たくさんの夢があり、生活がある。お母さんがいて、あかちゃんがいる。青空は広がり、花も咲く・・・そんな当たり前の生活が失われつつある国、イラク。この国のことを、もっと見て、聞いて、知ってみませんか?

日時:5月21日(日)10:00~19:00
場所:東京都 明治大学 リバティタワーB1階 1001教室(東京都千代田区神田駿河台1-1)
→JR御茶ノ水駅、御茶ノ水口より徒歩3分
→地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅B1出口より徒歩6分
参加費:無料(開場時間中はご自由に各上映作品・ブース展示をご覧いただけます)

イラク支援を行う個人や団体が集まり、現地での活動を写真などでご報告します。会場では、普段なかなか見ることのできないドキュメンタリー映画の上映に加え、映画監督、ボランティア、NGO関係者による熱いトークセッションがあります。イラク・ティー(チャイ)やアラブ・ポップミュージック映像、イラク現代アートなどもお楽しみいただけます! イラクを知り・感じる一日です。ぜひ足をお運びください。

◆◇◆映画上映・トークセッション◆◇◆
11:00-11:22『IRAQ WAR』(04年 池上宗徳 当日参加予定)
11:40-12:42『イラクニ接近ス』(05年 谷澤壮一郎 当日参加予定)
13:15-14:12『アッバース君が6歳で死んだ理由』(05年 田保寿一)
14:25-15:15 トークセッション・1 ~監督から見たイラク支援~
15:30-16:25『ファルージャ2004年4月』(05年 土井敏邦)
17:00-17:33『ファッルージャからの証言』
      (05年撮影イサーム・ラシード)
17:45-18:45 トークセッション・2 ~私たちにできることは?~

◆◇◆インターネット放送◆◇◆
当日のもようをNPO法人OurPlanet-TVがインターネット放送します!
・http://www.ourplanet-tv.org/live.html
・放送時間 5月21日18:30~20:00
・放送内容 (前半)展示ブース、(後半)トークセッション2

共催:イラクホープネットワーク・明治大学軍縮平和研究所

【出展団体・個人】
◇イラクの子どもを救う会
◇日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
◇セイブイラクチルドレン札幌
◇セイブ・イラクチルドレン・名古屋
◇セイブ・ザ・イラクチルドレン広島 
◇高遠菜穂子
◇NPO法人PEACE ON
◇NPO法人日本国際ボランティアセンター(JVC)
◇NO DU ヒロシマ・プロジェクト
◇ピースボート
◇BOOMERAN-NET
◇平和市民連絡会
◇細井明美
◇劣化ウラン廃絶キャンペーン
ほか

◆◇◆ボランティアスタッフ募集!◆◇◆
当日の会場準備等のお手伝いをしてくださる方を募集しています。イラクホープネットワークまでご連絡ください。

(PEACE ONのHPから各団体へリンクできます)

|

« 四捨五入して不惑の母の日 | Main | 演劇「やわらかい服を着て」はじまる »

Comments

イラクに咲く花に足を運んで良かったです!クフィーヤは宝物になりました。これからもイラク、PEACE ON情報をチェックしていきます(^-^)

Posted by: peaceforearth | May 23, 2006 at 07:38 PM

おお、ついにこのブログでも初登場ですね、感謝。クフィーヤと共に今後ともよろしくです。

Posted by: YATCH | May 23, 2006 at 09:30 PM

イラクの国外流出されてる人達の「難民」支援は、グラミン銀行みたいなアラブ商人の基金を考えられては如何でしょうか?

Posted by: 田仁 | May 24, 2006 at 06:29 PM

田仁さん、
調べたらグラミン銀行のシステムってもう60ヶ国以上が採用しているんですねえ、驚きました。イベントでアラブ商人のコスプレに興じるのもいいですが、こちらももっと調べないといけませんね。

Posted by: YATCH | May 26, 2006 at 11:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/10144685

Listed below are links to weblogs that reference 荒地/イラクに咲く花:

» イベント「『イラクに咲く花』-見る、聞く、知る、イラクの今と私たち」 [PEACE ON DAYS]
PEACE ONオフィシャル・ウェブサイトでもおしらせしているように、いよいよあす日曜日に迫ったイベントのご案内をこちらでも。 入場無料で、1日がかりの大イベント。 支援報告、映画上映、イラクチャイのサービス、物品販売など盛りだくさん。イラク現代アート作品も展示します! みなさまのご来場をぜひお待ちしています。 転送・転載、大歓迎です。ぜひ多くのかたにひろめていただければと思います。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 (以下、転送歓迎!) ... [Read More]

Tracked on May 20, 2006 at 11:22 AM

« 四捨五入して不惑の母の日 | Main | 演劇「やわらかい服を着て」はじまる »