« 聖廟爆破後 続き | Main | 春とイラクと病と私 »

March 20, 2006

夢想と現実

何となしに物憂い心持を引きずったままずいぶんと更新をさぼってしまった。11日は3名の戦争体験者(シベリア抑留、中国参戦、広島被爆)を交えて札幌で講演。過去の戦争と現代の戦争は表層においてこそ大きく様変わりしたとはいえ、要するに人殺しであるという本質においてはいささかも変わらないものだ。中国参戦時の体験、まさに人間が壊れていく様を搾り出すように語ってくれた須田さんにとって、こうして戦争体験を語るのは今回が初めてだというから有難い。このように紡ぎだしてくれた記憶を繋ぎとめていく世代間の縦のネットワークをどこまで広げていけるだろうか。

その後は法事など続きしばらく東京を離れていた。17日に戻り、昨日18日は渋谷でのリレートーク反戦集会に参加。イラク問題に限らず、パレスチナ、チェチェンからの声にも耳を傾ける。あのイラク攻撃開始から3年が経過し、世間のイラクへの関心も減り今イラクで何が起こっているのか伝わらなくなってきているとは言っても、それではおよそ10年で全人口の四分の一もの人間が殺されたというチェチェンの悲劇はどれだけ伝えられているだろうか。このように、同時代に横たわっていながらも、情報の圧倒的格差から記憶の表層にすら刻まれることの稀な声がある。

こうして所は違えども同時代に生きるものたちが繋げる横のネットワークと、時を超えて記憶が繋ぐ世代間の縦のネットワークが交差するそのまさに中心点に自分は生かされてここにある。この時空の両軸を発展させて、どこまで大きな球体を拵えることが出来るだろうか。解き放つことのできる自己の精神はその球体の大きさに比例し、われわれが描ける未来の射程も決まってくるのだと思う。

そんな形而上的夢想についつい飛躍してまどろんでしまうのは、物憂い現実に引き裂かれないようにと必死に足掻く生命体としてのささやかな自己防衛本能からなのか、それとも単に現実からの逃避なのか。

先日も行方不明の隣人がゴミ捨て場で目玉が抉り出された状態で発見されたとバグダードの友人から連絡があり言葉を失った。あまりに治安が悪く友人は仕事場にも通えない状態で、家族は本気で移住を考えている。父親はモスクから離れるわけにはいかないので、せめて今頻繁に命を狙われている若者だけでもバグダードから離れろと言われるが、家族が引き裂かれていくのに耐えられないという。戦争、そして占領によって引き起こされたイラクの混乱は、留まるところをしらない。

気がつけばもう3月20日。あのイラク攻撃からちょうど3年である。戦時下でイラクの友と生死の運命を共にしてから、足繁く通うたびに彼らに命を教わって、生きる糧を得てきたものだが、イラクの友人ですら避難先から祖国に戻ることの困難な状況に陥ってしまってからというもの、何か共に病を患っているような気がする。もちろん彼らからしてみれば、3年前以前から続く運命の只中にいるわけなので、同じ病などと言うのもおこがましい限りなのだが。

「人間の盾」で戦争を止めるというのは確かに夢想だった。それでも誰もまだこの戦争を解決できてない以上、戦争を止めようというすべての発想と試みは未だ夢想の段階に留まっている。しかし夢想からしか生まれえない人間の出会いというものもあり、時間はかかってもそれを育むことによってしか成しえないことが必ずあると信じて、懲りずに夢想を続けていこうと思う。そのためにも、今すぐ出来て効果が出せる短期の視点と、長い期間、それこそ数世代もかけて実現せしめる長期の視点とをしっかり分けて、改めて取り掛からなければ。

夢想で結構。戦争によってしか問題は解決できないというのも所詮は巨大な夢想に過ぎないわけだし、そんな現実離れした夢想をこれからも続けられたのでは、それこそ夢想することすら出来なくなってしまうから。

|

« 聖廟爆破後 続き | Main | 春とイラクと病と私 »

Comments

まさに「イマジン」だね。
大丈夫、私もほかの大勢の人もYATCHと同じ平和を願っているよ。

思うのだけれど安易なリアリズムと無関心が
ファシズムを増大させていくんだね。
ライス国務長官はIQ200以上あるとニュースで知りましたが、どう考えても破滅的な方針をとり続けているブッシュと足並みを揃えているのはどうしてなのかな?

私は掛け算できない(足し算もしょっちゅうまちがえる)ぐらい頭はよくないですが、それでもブッシュさんと日本の国がしていることは
狂気の沙汰だと分かるのにな。

YATCHの苦しみを私も分けて欲しい。
せめて、平和を訴える事でYATCHが孤独を感じる事はないようにと願っています。

Posted by: 千代 | March 20, 2006 at 09:45 PM

イラク攻撃反対の人間の盾の人たちは、今でも世界の良心であり、パンドラの箱の底に光る希望です。
と言いながら、相澤さんたちがイラクに集結していた頃、私はアメリカのイラク攻撃に反対していませんでした。
ブッシュの声明の中継TVを愚かにもマジに聞いて、イラク宣戦布告はもはややむを得ないことと無神経に軽く考えていました。恥ずべき大馬鹿モノなんです。今だって、何もしていないに等しい。無能で無力な人間です。(何も運動して来なかったから、挫折感はないんだけど、卑怯にも。)
でも、4月に東京に戻ることになったし、これからはもっとちゃんと相澤さん達を支える!!とここで宣言します。
日本では安保闘争とヴェトナム反戦運動の挫折から数十年、アメリカの暴力政治に反対する声がどんどん小さくなる一方で、イラク派兵の折、日米同盟がまるで国際平和希求の推進んためにあるかのような誤った認識が小泉さんによってなされました。、また、北朝鮮の拉致問題は、日米同盟を強化しようとする右翼の政治家を勢いづかせています。
キューバ危機がケネディ兄弟のでっちあげの陰謀だったことは南米では周知のことのようですが、私が知ったのは数年前、ごく最近です。今も昔もヒーローを作り悪役を作り出す政治の情報操作の中で、自国の政治の暴力を批判できるアメリカ人や日本人が少ないのも当たり前かもしれません。
3・18のアメリカのイラク戦争反対のデモ参加者はあまりにも少なかった、とアルジャジーラが伝えていました。EUや韓国のデモの様子も数行紹介されていました。(日本についての報道は全く何もナシ、です。)
国民的人気だけでトップに上った一人の政治家、小泉純一郎。今やアジアや中東での日本の評価は地に落ちています。じゃ、国内はどうか。日経3月20日夕刊トップ記事。政府発表の規制緩和特区の話題です。ご覧になりましたか?構造改革推進本部は小学生のレベル以下かもしれません。
重点21項目の一つが、カブトムシ特区です。規制緩和?構造改革?でカブトムシを育てる~!?
それ一体全体どこが政治なんですか?って、口あんぐりです。新聞を見た瞬間、とにかく税金全額返してほしい、と思いました。
それをピースオンに全額寄付したい。
全国民が日本の国際政治も国内政治も真剣に考えないといけない時だと思います。
(しかし、このニュースを一面トップに持ってきた日経、ある種すごく怖い。)
どうやって今後の反戦運動を展開しイラク支援を続けるか。ピースオンのこれまでの活動を持続するためにはイラク人スタッフの安全確保が最優先課題ですね。
高遠さんのプロジェクトの方も非常に心配です。
反戦運動はやはりもっと労組と連帯しないと大きな力にはならないような気がします。労組の人がこの問題に一番真面目に取り組んでこられたわけですし、相澤さん個人としてだけでなく、ピースオンとしてもっと積極的に連帯していかないと、ハニさん達の苦しみにも何も答えられない、と私は思うのですが、ピースオン・カフェではどのような話になるのでしょうか。

Posted by: うだすみこ | March 21, 2006 at 11:56 AM

ミケです。
千代さんの「安易なリアリズムと無関心が
ファシズムを増大させていくんだね。」との言葉に共感します。「安易なリアリズム」というのがホントに曲者だと思います。
私も、何をどうすれば今の悪夢を止められるの全然わからない。
でも、イラクの現実を見聞きしたり、日本も世界中も今そうだけど、弱い立場の人々がこれでもか、これでもかと踏みつけられていくのを見聞きして、「こんな現実は許せない!!人間が人間らしく扱われない世の中は不幸な世の中だ」と私の心が叫ぶのも、これも真実・リアリズム・・・・
・・・・・・・
(中途半端なコメントですいません)

Posted by: ミケ | March 21, 2006 at 07:15 PM

YATCHが来ないうちに(笑)。。。ミケさんありがとう~☆
共感が嬉しいです。

「戦争反対、平和をっ!」ていう声こそ現実に根付いた真のリアリズムだと思います。
皮肉と冷笑にまみれた「安易な(短慮ともいう)リアリズム」はいつか悲鳴に変わるでしょう。
それも後ろの利権しか考えてない一握りの人たちは無傷のままで。
どの人にもきっと平和の種はあるはずでしょう。
私も夢想で結構。戦争が大量殺戮でしかないことをもう歴史は証明しているのですから。
“Imagine・・・”

Posted by: 千代 | March 22, 2006 at 09:58 PM

●千代ちゃん、どうもお返事遅れました。

IQ(知能指数)が高いからといって、いい政治をするということはないでしょう。詳しくは知らないけど、EQ(情動指数)という尺度もあるみたいです。人の気持ちに共感したり協調できたりする能力のようですが、やはりどこの国でも政治家たるもの、全人格的に陶冶された人間であってほしいと思います。残念ながらどこを見ても政治家ならぬ「政治屋」ばかりですが、まずは有権者であるわれわれからしっかりせねばと自戒を込めて思います。


●うだすみこさん、あたたかいお言葉ありがとうございます。4月から東京ですか!お待ちしてますね。

人間動きだすのには、それぞれの時期というのがあると思います。こればかりは運命としか言いようのないものも感じてしまいますが、与えられた「時」を精一杯大切に使い切っていくことで、少しずつ本来の自分というものに近づいていくことができるのかもしれません。それぞれの時が交差する中での出会いに感謝しながら、これからもお互い必要なところで共に歩んでいければと考えております。

労組に限らず、市民同士の連帯はこれからますます重要になってくると思いますが、事を急いて闇雲に繋がればいいというのでは時としていらぬ齟齬をきたすこともありますので、そこはやはりそれぞれの立場を尊重しつつ、必要なところで即座に連帯して効果を出していけるような態勢を整えていくのが大切かなと思っています。

いずれにしても、これからはまた直接お話しする機会が増えるでしょうから楽しみですね。今後ともよろしくお願いします。


●ミケさん、どうもお久しぶりです。

「安易なリアリズム」、そうですね。確かに「現実はこうなんだから仕方ないでしょう・・・」ということを言う人のほとんどは、例えば戦争で人が死ぬ現実というのがどういうことなのか、もちろん直接体験したこともないし、その恐ろしい現実は決して自分のところにはやってこないという不思議な確信というか、無意識に奇妙な境界線を張り巡らせているようで、殺される側に立つということを想像することが出来ないのではないかと思います。これは決して戦争を肯定する側だけではなく反対する側にも言えることだと思うのですが、夥しい情報の洪水によって身体性を奪われた結果、よほど気を付けていないと誰もが陥りかねないリアリズムの罠ではないでしょうか。まずはひとりひとりが身体を通した現実の世界を取り戻すことからはじめていかないと、のっぴきならない現実がいつか目の前にやってくるのだと思います。

Posted by: YATCH | March 22, 2006 at 11:42 PM

相澤様、
ちょっと言葉が足りなくてすみません。
PEACE ONとして、3・18のイラク戦争反対デモのようなアクションに参加することは、これからも無理なのですか?

となると、
私も、もう一つ他の何らかの団体に参加した方が、アクションに参加しやすいかもしれませんね・・・・。5月はアクションの季節。

確かに、歴史的に政党で分裂して複雑になっている大組織もあって、参加するとなると選ぶのが難しいんですよね・・・・。
だから、今までノンポリだったんですが・・・。

お会いした時に、サジェスチョンをお願いします。

Posted by: うだすみこ | March 23, 2006 at 10:01 AM

すみません、先ほどは、相澤さんへ個人的なアドバイスリクエストを書いてしまって、、、。

真面目に「夢想と現実」のコメントします。
私が、イラク戦争開戦前に反対表明ができなかったのは何故か。
それは、その当時に大々的に行われた、アムネスティ・インターナショナルのフセイン政権のイラク人権抑圧反対キャンペーンが強く影響していました。
アムネスティがいかなる戦争に反対であっても、このアンチ・フセインと言えるキャンペーンがイラク民主化の為にブッシュの言う戦争もやむをえないのかもしれない、と言うような「感情」を呼び起こしてしまったのではないか、と。事実私はひと月はそう思ってしまっていたのです。これは、恐ろしいことです。
政治が利用しようと思えば、ごくごく簡単に、情報を操作してアムネスティにキャンペーンを張らせる事も出来る・・・と思った途端、信じられるものはあまりない・・・と、絶句しました。
ダムの水を操作するように、止めたりどっと流したり・・・いくらでも情報を操作できるのです。
少ないニュースの中にも、イラク・レジスタンスが戦っている、と感じられるものがあります。
民兵と占領軍のすさまじい暴力が続く毎日、
人間の盾が必要なのは今かもしれません。
その時は私も行きたいです。

Posted by: うだすみこ | March 23, 2006 at 10:32 AM

うだすみこさん、

>PEACE ONとして、3・18のイラク戦争反対デモのようなアクションに参加することは、これからも無理なのですか?

これまでも、PEACE ONとして呼びかけてデモ等のアクションに参加したことはありません。賛同団体になったり、私個人が発言することはよくありますが、デモに参加するかどうかはあくまでも個人の意思でした。もっとも当日現場に行けばそうした個人に出会うので、結局いっしょにPEACE ONの旗をもって歩いたりするのですが。まあこうしたスタイルもあくまでもこれまではという意味であり、今後も必ずこのスタイルでいくというわけではありませんので、いろいろ話し合っていければと思います。

いずれにしても、多くのアクションに参加されたいのならやはり他にも様々な団体がありますから、試しに参加されてみてはいかがでしょうか。気になったら参加してみて選んでいくのもよいかと思います。

イラクでたくさん話を聞いたので、サッダームの人権抑圧が確かにひどかったのは事実なのですが、おっしゃるとおり当時のキャンペーンはあからさまに戦争やむなしのプロパガンダだったと思います。まあサッダームに限らず、いつも誰かのネガティブ・キャンペーンが行われるときは決まって政治的な目的が絡んでいると見るべきだと思いますが。

当時人間の盾が成立したのは、イラク政府が国際世論を味方につけようと受け入れて、現地に世界中のメディアも集まっていたというのが大きいでしょう。開戦後もイラク政府は軍事施設などに配置するなど盾を悪用するすることもなく、各国のメディアが残り(日本の大手は別ですが)世界の目が見ているという状況なので米軍も盾のいるライフライン施設へは攻撃しずらく、また周囲のイラク市民が皆落ち着いてあたたかく盾を仲間として迎え入れてくれたからこそ成立したのだと思います。要はお互い信じられるという雰囲気があり、盾の効果が実感として期待できたわけです。

まあ結局開戦阻止は出来ませんでしたし、本当にライフラインを守れたのかと問われれば、人的被害のない停電爆弾などは落とされてインフラ機能は破壊されているし、他にも反省点は枚挙に暇がありませんが。

残念ながら今はメディアもほとんどいないし(いてもろくに出歩けない)、イラク人同士が疑心暗鬼になり誰も信じられないような状況になっていますので、盾といっても当時と同じような効果は無理で物理的な「盾」にしかなりえないと思います。人間の盾が本来の効果を発揮できるような状況を作り出せるかどうか、それが問われているのだとも思います。


Posted by: YATCH | March 23, 2006 at 12:48 PM

抵抗にはなりましたヤンか。
意地でも石油支配って、物量で来る権力に真正面からでも、一時は力ありましたヤンか。
どんなに小さくっても、べ平連みたいに地に足の付いた努力を続けて、蟻の一穴から堤が決壊する事もありますヤン。
持久力はむしろ、一般の個々人の方が、移ろい易い権力より、有るか判りまヘンで。

Posted by: 田仁 | March 24, 2006 at 03:16 PM

田仁さん、

コメントありがとうございます&お返事遅れてすみません。確かに当時盾に参加する際、イラクを攻撃すると決定した権力である米英政府と、その決定を支持した日本政府に対する、自分なりの最大限の抗議の表現、すなわち抵抗というのも目的のひとつでありました。

自らの身体を賭けるという野蛮な行為とはいえども、それによって背景にある「戦争」というものの巨大な野蛮性を世論に訴えるためでもあり、戦争という犯罪に加担する我々の無関心に対する挑戦という意味も含めて。

世界を変えることなんて出来ないとしても、少なくとも自分自身なら変えることが出来るはずだし、そしてその自分はやはり世界につながっているわけだから、まずは自分から動き始めなければ何も変わらないと考えた上での第一歩でした。

おっしゃるとおり、あとはこの小さな一歩をしっかりと踏みしめながら歩き続けていくことが何よりも大切なんだと思います。お言葉ありがとうございました。

Posted by: YATCH | March 29, 2006 at 10:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/9173056

Listed below are links to weblogs that reference 夢想と現実:

« 聖廟爆破後 続き | Main | 春とイラクと病と私 »