« Bonsoir! | Main | フランス初講演 »

February 10, 2006

フランスの仲間たち

9日、サラマッドとアマラがお世話になっているNGO、アソシエーション・ソリダリテ・コーポレーション‐ASSOCIATION SOLIDARITE COOPERATION‐(ASC)の事務所を訪れた。アルジェリア出身の代表のナセラさんは、緑の党ランス市議会議員でもある。彼女はサラマッド&アマラのイラク報告会がきっかけで二人と友人になり、その後イラク写真展の開催やイラクへ送る医療器具の寄付の呼びかけなどに大いに尽力してくれたという。二人が今住んでいるアパートも、ナセラさんのおかげで契約できたそうだ。笑顔が素敵で、ファッションも粋な女性である。彼女のお母さんも一緒に活動していて、手づくりのケーキをふるまってくれた。
IMGP5473

ASCでは、地域に住む移民への生活や教育支援を中心に、アルジェリア地震被災者への支援やサラマッド&アマラを通してのイラク支援など、国外にも広く目を向けて活動している。食料、衣料、その他生活雑貨などを持ち寄ってASCの事務所に集め、地域の必要な人々に分け与えるなど、相互扶助の精神で50人ほどのメンバーが皆ボランティアで運営しているようだ。

私が訪れたときはちょうどヒジャーブを被ったアラブ系のおばちゃんたちがフランス語を習っていたところで、思わず「アッサラーム・アライクム」とアラビア語ではにかみながら挨拶を交わした。フランス語が出来ないために仕事に就けない移民は多く、子どもたちの勉強も遅れがちだというのに、政府は学校の先生を減らしているので大変だという。ここランスではそれほどでもなかったようだが、昨年末にパリ郊外中心に発生した若者の暴動は、こうした若者の不満も背景になっているのだろう。アマラも時々先生としてここで教えているようだ。ちなみにサラマッドは別な学校でフランス語を学んでいるが、「発音しないのに文字にしたり、もう難しくて嫌になるよ」とこぼしている。

夜は市役所で行われたノール=パ・ド・カレー地域圏の議会に招待され、議員の皆さんの前でナセラさんに紹介されて少しだけスピーチをさせてもらった。今後はイラクとの文化交流をフランスとともに広げていきたい。その後議会を傍聴していると、パンや飲み物がふるまわれたが、ワインやビールまで出てきたのには驚いた。
IMGP5484
IMGP5485
IMGP5488
ランス市長と

|

« Bonsoir! | Main | フランス初講演 »

Comments

こんばんは、
元気にパリ到着してよかったです。
それにしても
フランスの緑の党は、元気だね。

現在、パリ国立第9大学に
ジャーナリズムを学びに留学している
及川健二さんを紹介しておきます。
彼もフランス文化のいろんな面を
覗きみつつ人と会っているようです。
会えたらいいかもね。

Posted by: キクチ | February 11, 2006 at 01:07 AM


慣れないことをすると間違うね。
http://www.pot.co.jp/oikenparis/
正しくは、以上のウェブサイトです。

Posted by: キクチ | February 11, 2006 at 01:10 AM

キクチさん、初コメント&紹介感謝です。パリでゆっくりする時間はあまりないと思いますが・・・。

Posted by: YATCH | February 13, 2006 at 07:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/8596640

Listed below are links to weblogs that reference フランスの仲間たち:

« Bonsoir! | Main | フランス初講演 »