« 友の死に想う~あったかい記憶を手繰って~ | Main | 「イラクニ接近ス」上映のお知らせ »

January 23, 2006

イラク「民主化」の現実

昨年12月15日に行われたイラク国民議会選挙の最終開票結果(参考記事)は、ようやく1月20日に発表された。現地の友人から受け取ったメールによると、バグダードを中心に治安は再び悪化してきている。

~以下抄訳~

「期待が大きかったアラウィー前首相は全然だめで、シーア派連合の統一イラク連合(UIC)が128議席もとるなんて、シーア派でもハキーム師(UIC内最大勢力最大イスラム革命最高評議会)を嫌っている人間がたくさんいるというのに、ありえないよ。で、クルド同盟は前回同様50議席以上確保して、イラク合意戦線は40ちょっとだって?スンナ派600万人以上いるっていうのに、全くふざけた話だよ。選挙前、イランから大量の投票用紙を積んだトラックが入ってきているとも聞いていたけど、今回もまた不正な茶番選挙だってみんな言っている。国連は問題ないって言ったようだけど、アメリカ追従の国連の言うことなんて誰も信じちゃいない。だから案の定、バグダードの各地で再び戦闘や爆破が激しくなってきた。とくにひどいのは、アル・バイサ地区とHorrajab(?)地区。夕方5時過ぎから米軍とイラク軍が地域を戦車で包囲して攻撃を開始。他の地域でもあちこちに検問があり道路が封鎖されている。商店の多くは閉まったままだし、営業していても午後2時には閉店。夕方6時以降は外出もできない。サッダーム時代には、深夜2時頃まで営業している店だってあったのに。電気は24時間中1時間通電と言う最悪な状態が続いているし、以前は1リットルで2円以下だったガソリンの公式価格が15円近くまで騰がっている。(ちなみに闇価格では1リットル約1ドルにもなる。スタンドはどこも長蛇の列で8時間以上並ばなければならないし、高すぎて発電機に使う分が手に入らない。)」

「近所でも殺人が日常化している。先日、家の目の前で向かい近所の友人のKが何者かに銃撃された。ちょうどKが僕の自宅を訪ねてきたとき、まさに僕が玄関に出る15秒前、突然現れた車から撃たれたんだよ。父さんといっしょにKを急いで病院に運んだけど、4発も撃たれていて出血がひどくとても危険な状態だった。僕も父さんも輸血をしたけど、4日間は昏睡状態。僕は病院に泊まりKの隣で寝泊りしていた。一発は心臓のすぐそば、2発は腕に当たっていて、今後容体によっては切断しなければいけないって。24歳で腕を失くして生きていかなければならないなんて、考えられるかい?また、医師に十分な経験がなかったこともあり、心臓脇の弾を取り出すのに難儀し、Kは今自力で呼吸すら出来ず、身体の一方に溜まる血を常にパイプで抜き取らなくてはならない。そして結局Kは退院できるほど回復したわけではないのに、次から次へと病院には戦闘や爆破による犠牲者が入院してくるので、先日病院から出されてしまった。Kの家族は以前も一人殺されているし、これは確実に狙われていると、家族でKを連れてイラクから出て、U国で治療を受けることになったんだ。」

「僕の家の前では、毎日のようにAやK、そしてBなど友人たちと集まって、いつもたわいのない話をしていたんだよ。Kのお母さんが血まみれになって横たわる自分の息子を見たときどんな気持ちだったか、想像できるかい?本当に怖いよ。次はいつ誰が殺されてしまうのか。自分だって、あの時あと15秒早く玄関に着いていたら・・・。数秒間で生死が分かれるドアに挟まれて、僕達はこの恐怖の毎日を生きている。」

これが選挙後、アメリカが自画自賛するイラク「民主化」の現実である。先日、古い友人の訃報に大きな衝撃を受けしばし思い出にまどろんでいたが、彼らには沈思する暇すらない。

★ここまで書いていると電話が!2004年春、現地スタッフの車に相乗りしてバグダード珍道中を楽しみ、それがきっかけ?となってくっ付いた友人2人の間に、ついに子どもが生まれたそうです!詳しい報告は本人達からのを待つとして、とりあえず、マブルーク!おめでとう!

|

« 友の死に想う~あったかい記憶を手繰って~ | Main | 「イラクニ接近ス」上映のお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/8304817

Listed below are links to weblogs that reference イラク「民主化」の現実:

« 友の死に想う~あったかい記憶を手繰って~ | Main | 「イラクニ接近ス」上映のお知らせ »