« ダマスカスからまとめてUP | Main | ラマダーンの贈り物 »

October 05, 2005

帰国のおしらせ&水支援報告会のおしらせ

2週間ほどのアンマン&ダマスカスでの活動を終え、おかげさまで昨夜無事帰国いたしましたのでお知らせします。応援してくださったみなさま、どうもありがとうございました。PEACE ONの報告会は16日に行いますが、その前に「イラク命の水支援プロジェクト」の報告会が8日にありますのでお知らせします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 ■■■10月8日 イラク『命の水』支援緊急報告会のご案内■■■

   < http://www.iraq-hope.net/water/index.html >

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  これから真夏を迎えようという今年の7月19日、浄水場が空爆され、
  首都・バグダッドは深刻な水不足に陥ってしまった。
  一般家庭にも病院にも、安定した清潔な水が供給されない状態。
  気温50度を越すというイラクの夏に水がない―――!

日本のメディアを通して、この事実はほとんど流されませんでした。
「水」は命の源です。しかし、現地の対応も非常に遅れていたのです。

私達「イラクホープネットワーク」では緊急に支援を立ち上げました。
それが「イラク『命の水』支援プロジェクト」です。
そして、多くの方のご協力と応援を頂き、井戸を汲み上げるポンプや
ペットボトルの飲料水を送ることができました。この事は少しだけ
日本のニュースで取り上げられたのですが、イラクの多くの人々へは
「日本からの支援で」と大きな声では伝えられません。
―――なぜかわかりますか?

先日、プロジェクトメンバーが今後の支援について再検討すべく
隣国・ヨルダンへ渡り、最新のイラクの様子も入手してきました。
メディアのフィルターのかからない状態で、
改めて「今、起きていること」に対して、自分がどう感じるか、
何をしたらいいかをゆっくり、しっかり考えていきませんか?

ぜひ、多数ご来場くださいませ!お待ちしております。

**********************************************************

報告者●高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)・佐藤真紀(JIM-NET)
    ・相澤恭行(PEACE ON)・細井明美(RiverbendProject)

○日時/10月8日(土曜) 開場5時半 開演6時 終了8時半
○場所/文京区民センター・2階A会議室
     (都営三田線・大江戸線春日駅A2出口スグ)
○参加費/500円
○問合せ/< info-iho@iraq-hope.net >
     080-3486-5416(10月3日~)

「イラクホープネットワーク」とは、日本とイラクの人々が対話をし
繋がり合い、政府に左右されない信頼関係を築いていくためのネット
ワークです。 すでに様々な活動をしている人達や、少し興味はある
けれど何をしたらいいか分からない人達、それから様々な国の人達…
皆を広くゆるやかに繋げていきます。 どうぞ、ご参加ください。

【共催団体】
イラクホープネットワーク< http://www.iraq-hope.net/ >
JIM-NET(日本イラク医療支援ネット)< http://www.jim-net.net/ >
PEACE ON < http://npopeaceon.org/ >
劣化ウラン廃絶キャンペーン < http://www.cadu-jp.org/ >

|

« ダマスカスからまとめてUP | Main | ラマダーンの贈り物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/6270939

Listed below are links to weblogs that reference 帰国のおしらせ&水支援報告会のおしらせ:

» 「イラク“命の水”支援プロジェクト緊急報告会」の内容 [Falluja, April 2004 - the book]
10月8日,都内で行なわれた「イラク“命の水”支援プロジェクト緊急報告会」に行ってきました。以下,その内容を手元のメモより。 その前にプロジェクトの概略。 イラク“命の水”支援プロジェクト(→ウェブサイト)は,「イラクホープネットワーク」さん,「リバーベンドプロジェクト」さん,NPOの「PEACE ON」さんや多数の個人の方が呼びかけて進められたプロジェクトで,7月終わりに発足,8月にバグダード市内に井戸を2つ作り,9月には大規模包囲攻撃が加えられたタルアファル(→当ウェブログ過去記事)... [Read More]

Tracked on October 10, 2005 at 01:05 AM

« ダマスカスからまとめてUP | Main | ラマダーンの贈り物 »