« 斎藤さんのことも気になるが・・・ | Main | イラクは今 »

May 31, 2005

崖っぷち

提出期限直前の決算処理に追われ汲々としていると、斎藤さん情報が。報道で伝えられている通りならば、残念な結果をむかえてしまったようだ。私も映像を見たが、間違いないと思う。おそらく襲撃されたときにはもう亡くなられていたのではないだろうか。今回、拘束したという組織と斎藤さんの立場を考えると、生還ははじめから難しいだろうとは思っていたが、実際にこういう結果になってみると、何ともやるせないものだ。

数日前、以前バグダッドで知り合った友人に相談してみたところ、「ダメもとでやってみるか」と武装抵抗勢力に詳しいというイラクの知人を介して救出の可能性について尋ねてくれていたのだが、開口一番「お前俺を殺す気か?」とすげなく断られたということだ。彼を救出しようという行為自体が米軍側と見られてしまい協力者の命が危険にさらされてしまうので、今回は気の毒だがどうすることもできないというのがその友人の弁であった。

後はせめて彼の遺体が家族のもとに帰ることを祈るばかりである。

こうしてまたしてもイラクで日本人が犠牲になってしまったわけであるが、そうこうしているうちに今度は首都バグダッドでサダム旧政権崩壊後最大規模といわれる掃討作戦が始まってしまった。ここ最近市内の家宅捜査などが以前より頻繁に行われるようになってきたと、現地スタッフからの報告があった矢先である。治安回復を目的にして、イラク治安部隊4万人と米兵1万人でバグダッドを完全包囲していわゆる武装勢力を一掃するという作戦のようだが、このように力によって封じ込めようとする行為自体が、治安を悪化させる要因になっているとしか思えない。バグダッドは巨大な都市なので、昨年のファルージャのようなことにはならないと思いたいのだが、早速イラク・イスラム党の党首が不当に拘束されるなど、きな臭さを増している(誤認逮捕ということですぐ解放されたようだが)。バグダッドには多くの友人がいるので、問い合わせてはいるのだがまだ返事がなく心配だ。

提出期限直前の決算処理に追い込まれているこの瞬間にも、多くの生命が崖っぷちに追い込まれている。

|

« 斎藤さんのことも気になるが・・・ | Main | イラクは今 »

Comments

YATCH,ミケです。4万人と1万人でバクダッドを包囲と聞き、焦燥感を募らせています。今の現地の状況では、ピースオンが現地スタッフを通じて行っている、子どもたちや難民への支援もままならず・・・それどころか、彼らの命があらたな危機にさらされてしまっています。まず、支援できるような安全な状況をつくらなくては・・・、とにかく包囲と虐殺を止めさせるために、何かしなければ・・・等々と考えています。

もしかしたら、イラクは2003.3月以降で最悪の事態かもしれません。戦争中でさえYATCHたちがイラクに滞在することができました。今は、首都が自国軍と米軍に包囲されるという異常事態でありながら、外のものには実際には何が起こっているのか知ることができないのです。
 
そう、この瞬間にも多くの人々が殺されつつあるのです。ほんとうに、つらいです。

Posted by: ミケ | June 01, 2005 at 11:10 PM

ミケさん、お返事遅れました。
何とか現地と連絡がとれて無事は確認できましたが、状況は地域によってはモスクに礼拝にすら行けないなど、かなり厳しいようです。電気事情も2時間通電の6時間停電と悪化しているとのこと。4万人と1万人で包囲と言っても、一度にその人数が展開されるわけではないとは思うのですが、とにかく私の知る限りでは今は最も厳しい時期のひとつと言えます。本当は今こそ現地で何が起こっているのか大きく報道されるべきなのですが。

Posted by: YATCH | June 05, 2005 at 05:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/4350018

Listed below are links to weblogs that reference 崖っぷち:

« 斎藤さんのことも気になるが・・・ | Main | イラクは今 »