« 遺体収容2周年に9条を考える | Main | バスがきた »

April 24, 2005

「Little Birds イラク 戦火の家族たち」

4月と言えばイラク戦争バグダッド陥落から2年だけではなく、あの日本人拘束・人質事件からちょうど一年でもあり、いろいろ書きたいことがあったのだが、現地とのやり取りと法人2期目初頭の雑務に追われたまま10日以上もブログの更新をサボってしまった。そして明日はもう岩手で講演ではないか。とり急ぎ以下先日試写会で観たおすすめ映画、「Little Birds イラク 戦火の家族たち」の宣伝をしておきます。

監督の綿井さんにはイラク戦争中、砂嵐の中のデモ活動を撮ってもらうなどお世話になりました。元人間の盾の仲間なども映画に登場しています。

あのイラク戦争とは、一体なんだったのか。爆弾を落とされる側からの視点に徹底的にこだわり、あの戦争の本質にせまる力作です。畳み掛けるように突きつけられる我々の戦争責任と、小鳥の鳴き声が響き渡る静謐な風景との奇妙なコントラスト。私がいつもイラクで感じてきたあの肌触りを、ここまでリアルに映像によって表現できるとは驚きを禁じえません。みなさんにもぜひ感じてほしいです。

【映画上映のご案内】 転送・転載歓迎

綿井健陽第一回監督作品 
「Little Birds イラク 戦火の家族たち」

4月23日(土)から、全国の劇場でロードショー公開!

2005「香港国際映画祭」正式招待作品
2005「テサロニキ国際ドキュメンタリー映画祭」正式招待作品

日本/2005.1/アラビア語ほか(日本語字幕)/35mm/102分
撮影・監督:綿井健陽 http://www1.odn.ne.jp/watai/
製作・編集:安岡卓治
翻訳:ユセフ・アブ・タリフ、重信メイ、勝元サラー
編集助手:辻井潔
製作:安岡フィルムズ
配給:Project ”Little birds”
配給宣伝協力:バイオタイド

 2003年3月のアメリカのイラク侵攻後、戦争とイラクの市民を取材し続けた綿井健陽(アジアプレス)。バグダッド、サマワ、アブグレイブなど、イラクの人々の声に耳を傾け、マスメディアが伝えなかったイラク戦争の実像を記録した。1年半に及ぶ取材期間で撮りためた120時間余のテープからいま、1本のドキュメンタリー映画が完成した。

「ニュースステーション」や「News23」などで、精力的にイラクからの映像報告・中継リポートを行い、「ボーン・上田記念国際記者賞」特別賞を受賞した綿井健陽の渾身の第一回監督作品です。テレビでは伝えきれなかった戦争の現実を鮮烈に描いた本年度最大のドキュメンタリー話題作をこの機会に是非ご高覧下さい。

▼上映劇場

新宿「K’s Cinema」(4月23日~)http://www.ks-cinema.com/

【会場への地図】 JR新宿駅の東南口から徒歩2分
http://www.ks-cinema.com/map.html

上映時間は、10:20/12:30/2:40/4:50/7:00

5月27日(金)までの間、毎日5回上映(各回定員入れ替え・整理券制)です。
前売券も各プレイガイドで発売中です。

▼各地の劇場・日程

渋谷・アップリンクファクトリー(5月28日~) http://www.uplink.co.jp/factory/
大阪・シネ・ヌーヴォ     (6月4日~) http://terra.zone.ne.jp/cinenouveau/
名古屋・シネマテーク    (6月4日~) http://cineaste.jp/
広島・横川シネマ       (7月中) http://ww41.tiki.ne.jp/%7Ecinema-st/top.html

ほか、北海道から沖縄まで全国各地の劇場で順次ロードショーです。

各地の劇場・日程の詳細は公式HPの劇場欄をご参照ください。
日程・場所未定のところは、今後随時更新されますのでご確認ください。
http://www.littlebirds.net/gekijo/gekijo.html

|

« 遺体収容2周年に9条を考える | Main | バスがきた »

Comments

★たびたび、告知してすみません。
已むに已まれず書き込ませて頂きます…

4月26日(火)ロフト・プラスワンでは、むきんぽさんや画家の増山麗奈さんらとコラボレーションでイベントを行ないます。増山さんは、桃色ゲリラ」として初の演劇公演をこの三月に行ないました。その際に好評でしたので、このたび新宿のロフト・プラスワンでもショート公演ではありますが皆様にお披露目したいとのことです。

 また、わったん。こと渡邉修孝は、新刊本『戦場が培った非戦』の著作を出しました。この本に書かれている「戦場体験」や「脱右翼」、その後、レバノンでの生活など、秘蔵話しも聞けると思います。

---------------------- 【以下転送歓迎】

WATTANの秘境探訪

第一部 ★戦場が培った非戦★
ビルマの戦場を歩き、イラクでは拉致られたWATTANの戦場で培った非戦とは?  『戦争と暴力・大衆運動と表現の自由』について 現代の!戦争体験者が非戦の立場で戦争-暴力について熱く語る。

【出演】WATTAN(FA) 増山麗奈(桃色ゲリラ) ムキンポ(かめよん。) 平野悠(ロフトプラスワン席亭)  当日は店内で新刊本を販売いたします。
http://www.hanmoto.com/bd/ISBN4-916117-65-4.html

第二部 ★桃ゲリニュース★
イラク戦争とともに結成され平和を訴えてきたアート集団「桃色ゲリラ」が舞台に挑戦! 「桃ゲリニュース」がさらにパワーアップ!
自衛隊員イラクで人質!? スマトラ沖地震現場から生中継!? SEXYベリーダンスでおっぱいぽろり? ・・虚と実、エロと生と死と愛が炸裂するかぶりつき1時間!演劇、歌、踊り,SMなど。
【出演】 増山麗奈 アポロ 白井愛子 多田恭子 竹内知子 ZOI
 【映像出演】わったん。ももっち 鈴木樹梨 志葉玲 /映像制作)アナロジック 寺田篤志  

Open/18:30 Start/19:30
チャージ代・\1500(飲食別)

【詳しくはこちら↓】
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/index.html

【転送ここまで】 -----------------------------

Posted by: wattan. | April 25, 2005 at 03:14 AM

きょう、Little Birdsを観に行きました。アテネ・フランセで衛星放送版を観ましたが、それの倍の長さであっても、内容は非常に濃いものでした。冒頭、イラク戦争開戦前のバグダッドの様子も描かれていて、興味深いものがありました。今回もあっという間の1時間40分でしたが、残念だったのは観客が少ないことでした。ぜひ多くの方に観ていただきたい作品です。まだの方、首都圏近郊のお住まいの方は新宿まで足を運んでください。そしてひとりではなく、お友だちや家族を誘って、行ってみてください。チケットショップや金券ショップで特別鑑賞券を購入するのをお勧めします。映画館よりも300円お得です。宣伝になってしまいました。

Posted by: Shalom | April 30, 2005 at 08:31 PM

きょう、Little Birdsを観に行きました。アテネ・フランセで衛星放送版を観ましたが、それの倍の長さであっても、内容は非常に濃いものでした。冒頭、イラク戦争開戦前のバグダッドの様子も描かれていて、興味深いものがありました。今回もあっという間の1時間40分でしたが、残念だったのは観客が少ないことでした。ぜひ多くの方に観ていただきたい作品です。まだの方、首都圏近郊のお住まいの方は新宿まで足を運んでください。そしてひとりではなく、お友だちや家族を誘って、行ってみてください。チケットショップや金券ショップで特別鑑賞券を購入するのをお勧めします。映画館よりも300円お得です。宣伝になってしまいました。

Posted by: Shalom | April 30, 2005 at 08:31 PM

2度押ししてすみません。

Posted by: Shalom | April 30, 2005 at 08:33 PM

wattan、
26日は岩手講演ついでにふるさと気仙沼で久々うまい刺身なんぞに舌鼓打ってました。行けなくてごめんね。

Shalomさん、
そうですね、あのスクリーンを突き破ってくるかのごとく迫りくる叫びが、まだ心に響いています。ぜひ多くの人に観てほしい作品ですから、伝えていきましょう。

Posted by: YATCH | May 02, 2005 at 12:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/3830602

Listed below are links to weblogs that reference 「Little Birds イラク 戦火の家族たち」:

» 「Little Birds イラク戦火の家族たち」評 [カフェ バグダッド Cafe Baghdad]
2003年度「ボーン・上田記念国際記者賞」特別賞を受賞したジャーナリスト綿井健陽氏が、イラク戦争直前から、戦後に至る、混迷するイラクを描いたドキュメンタリー映画。新宿K's Cinemaで28日まで上映。 この映画での、綿井氏の立ち位置は明確だ。米軍のフセイン政権打倒のためのイラク攻撃と、その後の武装勢力との交戦で傷つき、死んでいく、ごく普通のイラク人の側である。綿井氏は、こうした人々の立場に立ち、バグダッドへやってきた米軍の兵卒に対し「この戦争の理由は何なのだ?」「大量破壊兵器は見つかったのか?」... [Read More]

Tracked on May 24, 2005 at 12:15 AM

» 報告 映画「Little Birds〜イラク戦火の家族たち」 [60年、そして今・・・]
2005年5月28日 (渋谷 UPLINK FACTORYにて)   ドキュメンタリー映画「Little Birds −イラク戦火の家族たち−」       それは遠い世界の話ではない 近い未来の日本である   想像してみる 愛する者を理不尽に傷つけられ奪われていく... [Read More]

Tracked on June 06, 2005 at 12:20 PM

« 遺体収容2周年に9条を考える | Main | バスがきた »