« イラクからも無事アンマン到着!(26日) | Main | Mr.シャミル到着(3月1日) »

March 01, 2005

柘榴を飲んで、さあ仕事仕事(27日&28日)

予定よりサラマッドのアンマン到着が遅れたので、前半はずいぶんのんびりとダマスカス&ベイルートで遊んでしまった。昨日からさぁ仕事だと気合を入れたが、JVC佐藤真紀さんが帰国するということでチャイニーズレストランに食事に呼ばれてまたちょっと遊んでしまった。今日はしっかり仕事するぞと早起きし、サラマッドがイラクからペットボトルに詰めて持ってきてくれた大好物の柘榴ジュースでも飲んで頑張るかと思いきや、栓を回した途端に大爆発?四方八方へ勢いよく中身が噴出し、洗いたてのジーンズが真っ赤に染まる。手洗いしながらすっかり意気消沈してしまったが、ジュースを飲んだらすっかり回復。やはりイラク産の柘榴ジュースの味はたまらない。一度バグダッドで味わってからというもの、すっかりとりこになってしまった。サラマッドも「ほら君のブラッド(血)だ」と差し入れてくれる。柘榴をはじめ、イラクでは元々フルーツが豊かでうまい。彼の「石油がイラクをダメにした」とは至極明言だと思う。

IMGP3999さてさて、今日は一日中サラマッドと帳簿の突合せと今後の活動について打合せ。今回は寄付金額が60万円程度と少ないのであまり大きいことは出来ないが、引き続きバグダッド市内の各障害者福祉施設へのスクールバス(修繕費)、備品の支援、ジャドリア地区のファルージャ避難民キャンプへの食料&医薬品支援など、行政からの予算では後回しにされてしまうのだが今必要な支援、細かい隙間を埋めていくような支援を継続していく方針だ。

IMGP4002そうした地道な支援も、今後お互いをよくしりあうための文化交流活動につなげていくためのステップ。今は現地の治安が悪すぎて、場所によっては残念ながらいくつか予定していた学校交流プロジェクトが出来ない状態だが、アルマナー身体障害者施設の子どもたちが日本の友だちにと描いてくれた絵だけは受け取った。

DSC00048
(左の写真は1月に子どもたちに描いてもらったときのもの)

子どもたちが描いた世界に一歩でも近づけることは、こんな世界にしてしまった大人の責任ではないかと思う。

|

« イラクからも無事アンマン到着!(26日) | Main | Mr.シャミル到着(3月1日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/3123860

Listed below are links to weblogs that reference 柘榴を飲んで、さあ仕事仕事(27日&28日):

« イラクからも無事アンマン到着!(26日) | Main | Mr.シャミル到着(3月1日) »