« アンマンに行ってきます | Main | ダマスカス到着 »

February 22, 2005

モスクワからシリアへ(2月20日)

IMGP3798徹夜明けの寝不足でうつらうつらとしていたが、着陸の振動で目が覚めた。窓の外は雪のモスクワ、シェレメチェボ空港。「パチパチパチパチ」というまばらな拍手が、寝起きでやや朦朧とした意識に心地よく反響する。アエロフロートの飛行機は無事に着陸すると乗客が拍手する。昔この話を聞いたときは本当かよと思ったものだ。それほどしょっちゅう堕ちているわけでもないだろうに。それともパイロットや乗務員を労っての拍手なのだろうか。空港内ではいつものアイリッシュパブへ。大好きなギネスビールを飲もうとしたのだが、何と「ない」と突き放される。ギネスのないアイリッシュパブなどありえないと聞き返したが、カウンターの金髪女性は「ないものはないのよ」とあからさまに不快な表情で取り付く島もない。この空港内はたいていどこもこうした対応である。はじめは商売する気あるんだろうかと呆れたものだ。仕方なしにキルケニーを注文。パソコンを開いてメールの整理。

さて今回モスクワからまずはシリアのダマスカスへと向かう。アンマン行きは乗継が悪く、なんと約22時間も空港で待たねばならない。ホテルは高いのでいつも空港内で雑魚寝していたのだが、固い床の上ではさすがに体中が痛くなる。ダマスカス行きなら待ち時間5時間もなく、ダマスカス、アンマン間も陸路タクシーで3時間半ほどなので、今回はこのルートを使うことにした。

|

« アンマンに行ってきます | Main | ダマスカス到着 »

Comments

アエロフロートに乗られたんですね^^
私も以前何度か乗りました。
小型機でしたが。

一度、機体のすきま(?)から
ドライアイスのような白い煙がもくもく
出てきたことがあります。

でも、誰も気にしてなくて、
私もフツウに眺めていて、
今思えばおもしろい体験でした。

安全で良い旅でありますように。

Posted by: M Sato | February 25, 2005 at 11:45 PM

M Satoさん、どうもお久しぶりです。煙?って、こわいですね。ホント旅は何がおこるかわからない。でもそれがまた旅のたまらない魅力なのですが。

Posted by: YATCH | February 26, 2005 at 08:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/3028701

Listed below are links to weblogs that reference モスクワからシリアへ(2月20日):

« アンマンに行ってきます | Main | ダマスカス到着 »