« ブラジル人人質について | Main | 投票日 »

January 30, 2005

前夜

昨日イラク人現地スタッフからのメールを翻訳しようとしたのだが、睡眠不足から集中力の限界に達しついに眠ってしまった。するとアチェ取材に出発する直前の志葉玲君がしっかりと訳してブログにUPしてくれていた。彼にも同じ内容のメールが届いていたのだ。出発前で忙しいのにありがたや。

途中までは彼の訳を参照していただくとして、以下彼が略したところを紹介;

「我々が通うモスクは最後のお祈りの前に閉まってしまった。最後のお祈りは6時半なのに、今6時過ぎは誰も外を出歩いてはいけないからだ。また朝もしかり。朝一番の祈りは5時半から始まるのに、誰も朝6時前には出歩けないから。このひどい状況は今日(28日)の朝から始まった。50以上もの学校が爆撃されているんだけど、今日から2月3日までは休みになっている。」

さて、さきほどメールでまた追加情報が送られてきた。選挙前日であるが、どうやらインターネット通信環境は遮断されていないようだが、バグダッド市内は異様な雰囲気に包まれているようだ。

「米軍とイラク軍は今通りを監視している。なぜなら今朝早く、全ての車の移動を禁止するという放送が流れたんだ。今通りは空っぽだよ。もはや歩いて移動するしかできない。」

ふと2003年4月7日頃バグダッド陥落直前の街の空気を思い出した。今頃イラクは選挙前夜だが、まるでこれから首都攻防戦が始まるかのような緊迫感の中、皆どのような気持ちで夜明けを待つのであろうか。今が最も暗い時なのかもしれない。運命の黎明。私は今祈ることしかできないが、夜明け前が一番暗いと信じて、御来光を希う。

|

« ブラジル人人質について | Main | 投票日 »

Comments

昨日はドタキャンで失礼しました。
人質がブラジル人だとわかると、報道の記事もなくなってしまう。昔、海外での事故や災害のニュースが流れた時に、「・・・幸い、日本人の犠牲者はいませんでした」というアナウンスが最後に入ったことを覚えています。何という価値観だろうか・・・。外国人であれば、関係ないという風潮がマスコミの中にもあるんでしょうかね。
選挙を前にして、血なまぐさいニュースが次から次と入ってくるのですが、本当に心が痛みます。選挙後も混乱に陥らないことを祈ります。平和なイラクを夢見ています。

Posted by: Shalom | January 30, 2005 at 09:07 PM

Shalomさん、またいつでも来てくださいね。あれからブラジル人拉致に関するの続報がないので心配です。

Posted by: YATCH | February 04, 2005 at 04:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/2742520

Listed below are links to weblogs that reference 前夜:

« ブラジル人人質について | Main | 投票日 »