« サラマッドから続報&緊急支援のおしらせ&先日の翻訳の続き | Main | イラク意見広告のための募金のお願い »

November 16, 2004

サラマッド続報 ムサーナ・アルダリ氏に会う

IMGP2978.JPG
*写真左から二人目はムサーナ・アルダリ氏。8月バグダッド滞在時に撮影。

昨夜(14日)、サラマッドと電話連絡がついた。先日(13日)ウム・アル・コラモスクに行って、イラクイスラム宗教者委員会の広報責任者のムサーナ・アルダリ氏に会って話を聞いてきたそうだ。

イラク赤新月社などを通じて、国内からたくさんの支援物資がファルージャに向けて送られているが、何とか市内には入れたとしても、肝心の支援が必要としている人のもとには届いていないらしい。イラク暫定政権は許可を出していても、米軍が立ち入りを認めていないのだ。サラマッド自身も大量の食料や医薬品を積んだトラックを目にしたが、どの車も届けることが出来ずに立ち往生していたらしい。つまり、食料や医薬品など、すでに集められているのだが、それを必要としている人たちのもとにはまるで届いていないということだ。

また、市内から脱出できた人の証言によると、市内では病院等も占拠され、多くのドクターも捕らえられてしまっているので、あふれかえるけが人の治療が出来ない状態が続いているようだ。スナイパー(狙撃兵)が動くものは誰でも撃ってしまうので、救援に向かったドクターですら中には入れない状態で、市内は死体であふれ死臭がたちこめているという。

そして報道では米軍がファルージャ全域制圧とあるが、せいぜいメインストリートを占拠している程度で、米軍は伝えられっている以上の相当な抵抗にあって苦戦しているとも。そういえば、5月にファルージャを訪れた際、米軍はかなりの抵抗に苦しめられたという住民の言葉を思い出した。あの時は停戦合意とはいえ実際には米軍が撤退した形だったのは間違いないだろう。現在の報道はほとんど攻撃する側からの報道で、迎え撃つ側の報道はまるでない状態。米軍はすでに毒ガス等禁止された兵器を使っているとの報道もあったが、現在のような状況では真実は全て藪の中だ。戦争の最初の犠牲者はやはり真実である。

ムサーナ氏も必死で支援ルートを探しているがまるで見込みがないという。クバイシ先生にも会ったが、相当疲労困憊していた様子で、まともに話しかけられなかったということだ。先日クバイシ先生とハリス・アルダリ師が米軍に包囲されたというニュースには驚いたが、幸い二人とも無事だったらしい。もっとも、今後も逮捕される可能性は否定できないらしい。

イラクイスラム宗教者委員会は、選挙をボイコットするという声明を出したが故に、米軍はある種の締め付けとしてこのような行動に出たと思われるが、スンニ派に絶大な影響力を持つ彼らを逮捕拘束すれば、一体どのような反米感情が民衆に沸き起こるかわかっているだろうに、もはやわざとやっているとしか思えない。そういえば8月私のバグダッド滞在中には、ムサーナ氏が米軍にわけもなく拘束されていた。

イラクイスラム宗教者委員会が選挙に協力できない理由は、この度のファルージャ侵攻のみならず、選挙の規約に、投票するものはアメリカの定めるものを守らなければいけないと書いてあるからだという。民主的な選挙を平和裏に実施するためにと言って、独善的なやり方に反対する勢力を暴力で抑え込むという絶対的な矛盾、そしてその愚かさに、どうして気が付かないのか。やはり意図してやっているのだろうか。アラウィ首相に対する不満も一気に高まり、予想通り戦闘は各地に飛び火し、もはや平和裏に選挙を行うことは不可能だろうというのが、大方のイラク人の見方だと聞く。ムクタダ・サドル師もボイコットを呼びかけている。かろうじてシーア派の最高権威のシスターニ師は選挙に協力する姿勢を見せているのが救いだろうか。

バグダッドの治安も悪化の一途をたどる。PEACE ONが支援している障害者福祉施設も含め、学校はもう5日間閉鎖されたままらしい。電気は8時間停電の2時間通電。ガソリンスタンドには長蛇の列ができ、14時間も待たなければならないという。ガソリン公式価格は1リットル20ディナール(約1.5円ほど)とかわらないが、闇で買うとなんと1リットル2000ディナールと100倍の値がついているそうだ。

ムサーナ氏は、日本の友人がイラクのこと、ファルージャのことを気にかけて何とかしようとしていることについて、とても感謝していると伝えてくれと言ったそうだ。どうにかしようにも何も出来ないのは、われわれもいっしょだ。何かしようとしてくれている気持ちだけでもとても有難いということだ。とにかく、現状を変えるためには、世界の関心と行動が必要である。ひとつひとつはとても小さくても、それが大きい流れにたどり着いたとき、何かが変わる。そしてそれを信じること。それが第一歩だと思う。

|

« サラマッドから続報&緊急支援のおしらせ&先日の翻訳の続き | Main | イラク意見広告のための募金のお願い »

Comments

 いつも、貴重な情報をありがとうございます。悪いことしかないイラクニュースの中で、イラクイスラム宗教者委員会のクバイシ先生とハリスアルダリ氏がご無事で本当に良かったです。
 私もとにかく無駄でもやるだけやってみようと思い、小泉首相や思いつくかぎりの国会議員の方々お一人お一人にメールやFaxを送っています。もしも目にしていただけた時、最後まで読んでいただきたいので、出来るだけ不快にならない文章でお伝えできるよう思いを込めました。
 私は今まで募金には参加しても、こういった事をした事はありませんでした。でも、Yachtさんの今日の言葉 「ひとつひとつはとても小さくても、それが大きい流れにたどり着いたとき、何かが変わる。そしてそれを信じることそれが第一歩だと思う。」 まさにそんな気持ちです。。ありがとうございます。

 

Posted by: miya | November 16, 2004 at 04:08 PM

ファルージャの惨状を思うと、本当につらくなります。今もテレビで、モスク内で米兵がイラクの負傷者を射殺したことが報じられています。「死んだふりをしているんだ」と言って。
これを見ても、米軍がこの町でどんなことをしているか、わかるような気がします。
サラマッドと連絡が取れたと聞き、そのこと自体、嬉しく思います。彼が元気だとわかるからです。繰り返しになりますが、ほんとうに十分に気をつけて活動してほしいと思います。
十分な情報のないなか、この頁には感謝しています。

Posted by: Shalom | November 16, 2004 at 10:56 PM

今日、ピース・ルネッサンスのミーティングに参加して来ました。心の平和を一年かけて多くの人を巻き込んで、考え、再び10.7を迎えるために・・・。
小さな積み重ね。。。大切な思いを発信しながら、日々の行動を積み重ねて行きたいと思っています。YATCHとの出会いの大きさを心から感謝します。
今日の素晴らしい星空をいつか世界中の人々と共有できる日を夢見ています。

Posted by: kero | November 17, 2004 at 12:50 AM

miyaさん、コメントありがとうございます。クバイシ先生の無事にはひとまず安心しましたが、宗教指導者が相次いで拘束されている状況なので予断は許せません。思いを行動に移していただいてとても嬉しいです。ひとつひとつ、丁寧にやっていけば、仮にその時は効果がないように思えても、確実に自分の力になり、その継続と人々との繋がりが、何かを動かす力に生まれ変わると信じています。

Shalomさん、こちらこそいつもコメント感謝です。サラマッド、結婚書類の手続きで実は今フランスにいます。あとで書きますが、やはり道中はかなり危険だったそうです。ホント無事で何よりです。

Keroさん、ピース・ルネッサンスのときはお世話になりました。そして本当にお疲れ様でした。これからも、たとえ小さくてもお互い喜びを積み重ねていきましょう。全ての出会いに感謝!


Posted by: YATCH | November 22, 2004 at 02:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/1974873

Listed below are links to weblogs that reference サラマッド続報 ムサーナ・アルダリ氏に会う:

« サラマッドから続報&緊急支援のおしらせ&先日の翻訳の続き | Main | イラク意見広告のための募金のお願い »