« ファルージャ | Main | サラマッドレポート ~ファルージャについて~ »

November 10, 2004

誰だってテロをやめさせたいと思っている

サラマッドと連絡がついた。どうも先日ドーラ地区であったキリスト教会の爆破事件はわりと近所だったらしい。とにかく治安が悪すぎて移動も困難で、事務所に通ってメールが出来ない状態だったということだ。ファルージャについては彼もなすすべがなく途方に暮れている。これまで何度か訪れていたジョラン地区の知人のファミリーとも連絡がつかず、彼らが留まっているのか避難できたのかわからないそうだ。

ファルージャへの総攻撃について、来年一月の選挙に効果があるどころか、全く逆の結果を生むだろうとのこと。そもそも外国から来た武装組織はファルージャだけでなくイラク全土にあふれている。あんなずさんな国境警備ではいくらでも入ってきてしまう。そしてファルージャに立て籠もっていた連中の大部分は包囲される前に脱出しているので、今残っているのはもともと地元にいたイラク人の抵抗勢力が中心になっているに違いないとも。米軍がファルージャに集中すれば、喜ぶのは外国人勢力であり、犠牲となるのはファルージャの人々だという。

そしてこの混迷を極めるイラクの現状を改善させる方法は簡単なんだという。それはアメリカが各地域の支配から手をひくこと、そして治安維持はそれぞれ地元の長に任せること、ということだ。アメリカは各地域どこでも主導権を握りたがるが、地元のことも文化のこともまるで理解していないから下部組織がついてこない。その結果、治安維持を中心に指揮命令系統が機能せずに外国人勢力の侵入を簡単に許してしまう。部族や宗教をよりどころにするもともとあった地元の組織体系に任せておけば、外国人勢力の侵入は完全に防ぐことが出来るという。

この話を聞いていて思い出した言葉がある。「誰だってテロをやめさせたいと思っている。簡単なことです。参加するのをやめればいい」アメリカの言語学者、ノーム・チョムスキーの言葉である。

イラクの市民とアメリカの知の巨人の言葉が、寝不足の私の眼窩の奥で忽然と共鳴し心地よい和音を奏でた。欲望に絡み縺れた不協和音で生の感官を麻痺させ、死の轟音に乱舞して孤独を癒す哀れな超大国国家テロリストの長の心にこの和音を響かせるには、一体どうすればいいのだろうか。

~以下本日BCCメール通信で流したものを貼り付けます。イラクの知人から聞いた情報、また、いくつかのアクションを紹介しています。~

親愛なるみなさま

お世話になります。PEACE ONの相澤です。
毎度BCCメールで大変失礼いたします。(転送歓迎)

ブッシュ再選の悪夢から覚めやらないまま、
イラク暫定政府は北部クルド地域を除く全土に非常事態宣言を発令し、
ついにファルージャでの総攻撃が始まってしまったようです。

米軍を中心とする占領軍とイラク政府軍は、
来年一月に行われる国民議会選挙を平和裏に行うために、
ファルージャに立て籠もる武装勢力を一掃するとのことですが、
市内には避難できずに留まっている一般市民がまだまだたくさんいます。
昨日イラクの知人に電話して確認したところ、
郊外を合わせたファルージャの人口約45万人のうち、
約20万人は避難できたそうですが、
まだ残りの25万人ほどは取り残されたままだそうです。
しかも18歳から45歳の男性は戦闘年齢ということで、
避難しようにもチェックポイントで追い返されてしまうし、
別れて避難するわけにはいかない女性や子どもも多いとのことです。
このように、罪のない家族が犠牲になればまた新たな憎しみが生まれ、
安全に選挙が行えるような状態になるとは到底思えません。
先日、急激に治安が悪化するバグダッドから、
現地スタッフのサラマッドも、
「米軍が攻撃の手を強めれば強めるほど、
爆破事件などが増え、抵抗する勢力も強くなっていく」と言っていました。

そのサラマッドともなかなか連絡がつきにくくなっています。
新婦アマラは外国人(フランス人)ですし、二人の安否も心配ですが、
彼らもファルージャのことはとても心配していて、
イラクイスラム宗教者委員会にも足を運んでくれましたが、
どうにも攻撃をやめさせる手立てがないと嘆いていました。
このままでは、今年四月の日本人人質事件の背景となった
あのファルージャでの包囲攻撃、1000人ほどもの人々が
犠牲になったともいわれるあの惨劇を上回る結果にもなりかねません。

昨夜遅くテレ朝の収録があり、
上記の避難民のことなどコメントしたのですが、
今朝の番組(スーパーモーニング)を観ると、
コメンテーターの自民党山本一太参議院議員は
私のコメントなどまるで意にも介さず掃討作戦支持を強く訴えていました。
あれではまるで米軍のスポークスマンそのものであり、
先ほどファルージャ総攻撃に対する支持を表明した
小泉首相の分身を見ているようで、
今日は朝から本当に気分が優れません。

この度の攻撃にも、やはり我々の「思いやり予算」によって
沖縄キャンプシュワブから飛び立った海兵隊が参加しているでしょう。
我々は現代のこの虐殺に政治的にも経済的にも明らかに加担しています。
先日人質となった香田証生さんは、
こうして長年積み重ねてきた罪業を一身に背負い、
まさに「日本人」ということで殺されてしまったのだと思います。
今こそ、彼の死が問いかけてくるものに
心を澄ます必要があるのではないでしょうか。

現地との連絡を密にして、
出来るだけ正確な情報を知ってもらうこと。
そしてもっと関心をもってもらうこと。
こうした流れの渦の中から、
少しでもこの惨劇を止める力が生まれればと思っているのですが、
こうして絶対的安全圏から伝えることの限界も感じ、
名状しがたいもどかしさにも襲われています。

何が出来るか、どうすればいいのかは、
誰もこれだという答えは持ち合わせていないかもしれません。
それでもこの惨劇をただ座して見守るというのは、
またひとつ罪業を重ねることになってしまうと思うのです。

もちろん今世界では、このファルージャの人々と同じように、
強い関心と叫びを必要としている人たちがたくさんいますが、
今、まさに私達の声を必要としているイラクの友人の声を伝えます。

それぞれが出来ることで、それぞれのやり方で、
友人達の声に応えていただければ、この上ない幸いです。

●バグダッドの友人からのメッセージ
「囚われのファルージャ」(JVC原さん訳)
http://rep-eye.cocolog-nifty.com/iraq02/2004/11/post_2.html
(同千早/TUP翻訳メンバー訳)
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/430

以下、様々なアクションを紹介します。

★イラクでの攻撃激化に反対するオンライン署名

(益岡賢さんのブログより)
http://teanotwar.blogtribe.org/entry-03ccc2d2211dfe9372da6ac2171f6e8d.html

★抗議先(アメリカ)

President George W. Bush: president@whitehouse.gov
Vice President Richard Cheney: vice.president@whitehouse.gov
fax (USA) 202-456-2461
アメリカ大使館 FAX: (03) 3505-1862


★11・10米国大使館抗議・要請行動

高田健です。重複お許しください。転載ご協力お願いします。

米軍の総攻撃が始まったようです。可能な方は一言でもいいですから、米国大使館に中止を求める電話をしてください。

いますぐ電話を! 米国大使館電話 03-3224-5000

       ファルージャの人びとを救え!
      米英軍はイラク・ファルージャへの
        総攻撃をただちにやめよ!

    11・10米国大使館抗議・要請行動

米英軍がファルージャを包囲し、総攻撃を開始しました。この総攻撃は「イラクに民主主義を植え付けるためテロリストをやっつける」と称して行われています。大量虐殺による廃墟の上に植え付けられる民主主義っていったい何なのでしょう。

すでに多くの民家や病院などが無差別に爆撃され、さらに地上軍も突入したようです。昨年のイラク攻撃開始以来、10万人以上を殺した米英軍は、さらに4月のファルージャ大量殺戮よりいっそう大規模な殲滅戦を仕掛けようとしているようです。

いますぐ、時を争って世界の人びとと共に、「ファルージャの人びとを救え!」「総攻撃を中止せよ!」の声を上げましょう。

  11月10日(水)18:00~
  虎ノ門・JTビル前集合 
  (銀座線虎ノ門駅、南北線溜池山王駅)
  (外堀通りから米国大使館への入り口、通りを挟んで特許庁の向かい側、 
   当日現場臨時携帯電話070-5212-0275)

呼びかけ: 戦争反対・有事をつくるな!市民緊急行動/ATTAC Japan/かながわ平和憲法を守る会/グローバルピースキャンペーン/憲法を生かす会/地球平和公共ネットワーク/日本山妙法寺/日本消費者連盟/VAWW-NETジャパン/フォーラム平和・人権・環境/平和と民主主義をめざす全国交歓会/平和の白いリボン行動・藤沢/明治大学駿台文学会/ユーゴネット/許すな!憲法改悪・市民連絡会/アジア太平洋平和フォーラム~APPF/アジアンスパーク/グローバルピースキャンペーン/イラク戦争に反対する市民と議員の会/グリーンピース・ジャパン/PEACE ON/平和憲法に学び行動する目黒の会/CHANCE ! pono2/タンポポ舎 (11月9日19:00現在)

協力:WORLD PEACE NOW
   問い合わせ・03-3221-4668

|

« ファルージャ | Main | サラマッドレポート ~ファルージャについて~ »

Comments

 山本一太参議院議員の事は気をわずらわせないでくださいね。私はいつも、山本議員が出ているテレビを見るたび、ある意味、感心しています。こんなに常に、おかしな視点からしか、物事を見ることが出来ないってすごいって思うんですね。。小泉首相は、ときたま、国民がだまされるような耳ざわりの良い事を言ったりしますがこの方から聞いた記憶がありません・・。
 ファルージャのアメリカ軍の総攻撃に関してですが、それに対し、たくさんの批判の言葉が思い浮かびます。イスラム教の大事な時期に総攻撃した侮辱性や、、ファルージャ総攻撃のニュースをテレビで放送されているだけでも、クラスター爆弾を数多く投下しているのが、確認できます。クラスター爆弾は、途中で分かれる子爆弾の行く末は予測出来ないという事です。ですので民間人には犠牲が出ないようにというアメリカの発言は真実を語ってはいない事は明白です。。ザルカウイ氏を拘束するという隠れ蓑でのファルージャでのアメリカ軍による総攻撃は非道で、まったく良い結果をもたらさない、人類に対する犯罪といっても過言ではありません。無力で無駄かもしれないけど、とにかくいろいろなこと、おもいつくままに、やってみるつもりです。。
 
 

Posted by: 宮本 | November 11, 2004 at 12:37 AM

宮本さま、はじめまして。
山本議員についてですが、なるほど首相小泉よりは害がないのは確かですね。
国際的に非人道的兵器として非難されているクラスター爆弾の被害は、昨年の戦争中にも目の当たりにしました。股間を中心に無数の鉄辺が体内に埋め込まれていた当時13歳の少年が、苦痛に顔を歪ませながら「ブッシュはテロリストだ・・・」と搾り出した言葉がいまだに心から離れません。

Posted by: YATCH | November 12, 2004 at 01:24 AM

Wгite more, thats all I have to say. Literally, it seems as though you relied on the viԁeo to make yohr point. Yοu clearly know ωhаt youre talking about, why throw away your intеlligence on just posting ѵideos ttο your weblog whern you coulԁ be giving uus something enlіgthtenіng to read?

Posted by: bandage dress wholesale | December 16, 2013 at 06:28 PM

Аn intrіguing discussion is definitely worth comment. I believe that you ought to write more abput thіs subject, it might not be a taboo subject but generally fοlks don't talk about these topics. To the next! Cheeгs!!

Posted by: Homeopathic Hcg Drops 12X 30X 60X | December 18, 2013 at 03:58 PM

Hello thеre! I just wwant to gіe you а hue thumbs up for youг great info you've got here on this post. I am coming back to your blog for morе soon.

Posted by: financial Planner ft lauderdale | December 19, 2013 at 07:37 PM

Υou сould dеfinitely see your skills in the work yyou write. The world hopes foor more paѕsionate writers like you who aarе not afraid to mention how they believe. At all times follow your heart.

Posted by: bandage dress pattern | December 23, 2013 at 06:26 PM

With havѵin so much conjtent doo you egеr run into ɑny issues of plagorism or copyright infringement? My site has a lot of completely unique content I've either autɦored myself oor oսtsourced but it appears a lot of it is popping it up all oover the web without my agreement. Do you кnow any methodѕ to help reduce cоntent from being rіpped off? I'd defіnitely appreciate it.

Posted by: plumbing companies pompano beach | January 21, 2014 at 12:16 AM

Hi there everyboԀy, hereе every onе is sharing these kinԁs of experience, thus it's ɡood to resad this web site, annd I used to paу a ԛuick visit this աebpage all the time.

Posted by: bodycon midi dress | January 23, 2014 at 03:10 AM

Hі there everyƄody, Һere evey one is sharing thеse know-hoԝ, therefore іt's pleasant to гead this webρage, and I սsed to visit this webloց everyday.

Posted by: Boca Raton CPAt test questions | January 26, 2014 at 03:22 AM

Verƴ nіce poѕt. I simply stumbleԀ upon ʏour bloɡ and wished to say that I have trսly enjoyued surfing aroumd your weƅlog posts. After all I will bee subscribing in your rss feed aaոd I am hoping you write once mоrе soon!

Posted by: plumbing supply pompano beach fl | January 31, 2014 at 03:25 PM

Arrticle writing is also a excitement, if you be acquainted with then you can write if not it is difficult to write.

Posted by: eye exercises to improve eyesight | February 10, 2014 at 05:39 AM

Excellеnt bloǥ! Do you hav any recommеndatiokns for aspiring wrіters? I'm planning too stɑrt my own website soon butt I'm a little lost on eveгything. Would you prοpose starting wіth a free patform like Wordpreѕs oг go for a paid option? There aгe so many οptiߋns out there that I'm completely confused .. Any ideas? Cheers!

Posted by: Indira | February 14, 2014 at 04:40 AM

Hello i amm kavin, its my first occasion to commenting anyplace, when i read this post i thought i could also make commen due to this good piece of writing.

Posted by: Delray beach seo company | February 16, 2014 at 03:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/1919216

Listed below are links to weblogs that reference 誰だってテロをやめさせたいと思っている:

« ファルージャ | Main | サラマッドレポート ~ファルージャについて~ »