« イラク入国から新事務所到着まで(29日の日記から) | Main | ハニさんとの再会 カラダでの爆発(8/1) »

August 03, 2004

It's hard time for foreigners(7/31)

遅れていた国民大会議が今日から3日間開催される予定であったが、予想通りまた延期。会議中は道路も混雑するだろうし危険なので事務所でおとなしくしていたほうがいいと言われていた。延期ということで今日から早速活動しようと思いきや、パスポート取得の為の手続きに行かなければならないということで、サラマッドはお休み。午前中は事務所で過ごしていたが、停電が4時間以上続いたり電気が1時間半ほどしか来なかったりと、サイクルが不定期に。いつも3 by 3とはいかないようだ。

行きつけのレストランに行くと、「ナカム~ラ」「スズ~キ」という声がテレビから流れてくる。ちょうどヨルダンと日本代表のサッカー中継をやっているところだった。テレビの真ん前に席をとり日本が外すたびに歓声をあげているヨルダン人二人と、唯一の日本人の私の反応を、まわりのイラク人が皆興味深げに見つめている。延長戦も引き分けのままPK戦になり、なんとしょっぱなから中村とアレックスが外してしまったのでヨルダン人二人組みは大喜び。さすがにもう勝ち目はないだろうと思っていたら、後半はヨルダンチームが外しまくって結局日本が勝った。

夜、LAN TO IRAQのメンバー伊神さんから紹介されていた韓国人のカンさんに会いに行く。彼女は「民族21マガジン」という雑誌の記者をやっているそうだ。韓国のNGO、Korea-Iraq Peace Teamのリーさんとハンさんが借りているアパートに行ったのだが、同じカラダ地区で事務所からすぐ近くであった。ポリオで松葉杖をついているイラク人のサラームさんという方が同席していて、コンピューターエンジニアという彼からリナックスの話、また携帯電話会社IRAQNAの利益の75%がマイクロソフトに行くことや、元人間の盾のイラン系アメリカ人女性ニーナがCPAに尋問されたときの話などを聞いた。なんと英兵が米軍相手に道に爆弾を仕掛け、イラクポリスがその英兵を捕まえて米軍に引き渡したのだが、米軍はその英兵を解放し、その後米軍に英兵を引き渡したイラクポリスはなぞの事故死を遂げたと報道されたということだ。その記事をニーナは書いたのだが、その後爆発物の火薬が衣服についているという理由で米軍に尋問を受けたということらしい。本当だとしたらぜひともその英兵に会って話を聞いてみたいと思った。その他障害者施設の先生方にコンピュータープログラムを教えるというプロジェクトをいっしょにやらないかなど言われ、結局あまり韓国人とは話せずに彼とばかり話してしまった。

ハンさんはもうイラク入りは7回目で、これから一年のスパンで滞在してイラク人に平和教育を推進するという。イラク人アーティスト等との交流もあり、展覧会なども考えているというので、今後LAN TO IRAQとも何らかの形で繋がっていけるかもしれない。人質となって殺害されてしまったキムソンイルさんの話に及ぶと、当時派兵賛成派の一部が感情的になって、さらに兵を送ってテロリスト共に復讐すべきだなどいう過激な論も出たものの、今では大分落ち着いてきて、犯行グループはきっとイラク人ではないという見方が増えてきたという。サラームさんが行った調査でも、犯行グループがビデオで話しているアラビア語のアクセントがイラク人訛りではないという意見が90%以上だそうだ。キムソンイルさんのケースに限らず、人質を殺害するのは絶対にイラク人ではない、4月の日本人のケースはイラク人だったので、結果的にとてもラッキーだったのだとサラマッドも言う。ハンさんもリーさんも、今は外国人にとってとても厳しい時期ですと口を揃える。そういえば道で会った少年が「僕の名前はザルカウィ」と冗談を言ってきたり、すれ違いざまに僕を見て首を切るジェスチャーをしたりと、外国人の誘拐そして殺害は、イラク人の間にも大きな影を落としている。

|

« イラク入国から新事務所到着まで(29日の日記から) | Main | ハニさんとの再会 カラダでの爆発(8/1) »

Comments

I like the helpful info you provide in your articles. I will bookmark your blog and check again right here frequently. I'm quite certain I'll learn many new stuff right right here! Good luck for the next!

Posted by: Fettabsaugung Bilder | October 31, 2014 at 12:33 PM

Hello colleagues, how is everything, and what you desire to say about this piece of writing, in my view its truly amazing for me.

Posted by: logbook loan by logbookloanstrust.com | May 11, 2015 at 06:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44849/1109352

Listed below are links to weblogs that reference It's hard time for foreigners(7/31):

« イラク入国から新事務所到着まで(29日の日記から) | Main | ハニさんとの再会 カラダでの爆発(8/1) »